キャバクラでのボーイもキャバ嬢との出会いになる

ボーイ
女性と出会いを求めるなら、より多くの女性が集まっている場所で仕事をするのも手段です。
「ホストクラブ」もありますが、それ以外に一つ例をあげるとしましたら、クラブやキャバクラなどで募集されている「ボーイ」の内勤も立派な出会いの場となります。

キャバクラで働く女性は(1)本業としている人(2)学業と両立させている人(3)昼の仕事と兼業している人(4)家庭や子供のためとしている人、これら4つのタイプに分けることができます。
どのタイプでも共通して、ホストやお店に来てくれるお客様、またはお店の従業員であるボーイなどが一番恋仲になりやすいと言われています。
仕事を通じて毎日のようにお互いが顔を合わせるため、悩み相談や共通の愚痴で盛り上がったりと自然に仲良くなっていくことができます。

ボーイの仕事内容としましては、基本的には雑用がメインです。
お客様を席に案内したりアイスや割りもののセットを持っていくこと、グラスや灰皿を洗って拭くといったことがメインとなります。
トイレ掃除なども重要です。
お酒を飲んで酔っ払ったお客様がトイレを汚してしまう例や、飲み過ぎてトイレで吐いてしまう方もいらっしゃいます。
吐いてしまった場所が男性用の小便器ですと詰まって水が流れなくなってしまいますので、早急に対応します。
長くキャリアを積んでいくと、お店の子の出勤状態をチェックしたりキャバ嬢を家の近くまで送り迎えすることもあります。

ボーイの内勤に学歴はあまり関係がありませんので、学歴を気にしているという方でも大丈夫です。
給料は時給制でホステスと比べると非常に安いと感じますが、昇格していくと貰える給料にも差が出てきます。
能力や努力次第で昇格していくことが可能ですので、とてもやりがいのある仕事だと言えます。

主な仕事内容は雑用から始まりますが、少しずつ大きな内容となっていき、忙しい時間帯には店長の代わりにホールで接客をするキャバ嬢の入れ替え指示なども任されるようになります。
予約されているお客様や指名が被ってしまっているお客様もいますので、「どのキャバ嬢を誰の横に座らせるか」という割り振りは案外難しく、その場に合わせた適切な状況判断と観察力が必要です。

うまくいきますと、最終的にはお店の店長としてオーナーから全てを任されるようになります。
忙しい仕事ではありますが、仕事のスキルが上がるとキャバ嬢からの好感度も上がり、ますますやりがいを感じられることでしょう。