水商売ってなに?どんな仕事内容?

水商売とは、一言で申し上げると来店されたお客様と楽しいトークをしたりお酒をつくりお出しする仕事です。
例としてスナック、キャバクラ、ホストクラブなどの様々な種類の水商売が存在しており、「アルコールの提供と楽しいトーク」は基本的な共通点ですが、仕事内容にはそれぞれ多少の違いがあります。

「ガールズバー」とは従業員の全員が女性です。
アルコールを提供しているお店ですがお客様の横に座ったりといったサービスは行っておらず、カウンター越しに女性とトークを楽しみます。
一人で飲みに来店する女性客もいます。
ガールズバーで働く際は指定された服装がある場合を除いて普段着に近い服装やラフな格好でOKです。

「スナック」とは簡単な食事が可能な場であるという意味です。
女性従業員の人数が少ないお店や、ママさんが一人で経営している場合もあります。
仕事内容はラウンジと少し似ていますが、接客ばかりがメインではなく、状況によって必要であればグラスや灰皿を洗ったりと柔軟な対応が求められます。

「ラウンジ」とは女性従業員が複数人待機しており、お客様の横へ座って接客するのがメインのお仕事です。
ぱっと見はキャバクラと少し似ている雰囲気ですが、料金システムは指名料とハウスボトルで頼んだ分だけ支払う形が一般的です。

「セクキャバ」には、お触りパブやおっぱいパブといった数種類の呼び方が存在しています。
ある程度でしたら女性の身体を触ることが許されており、お店によってはショータイムを設けています。
セクキャバではスナックやキャバクラよりもお給料が多く支払われる場合が多いです。

「キャバクラ」は、基本的にお客様一人に対して女性が一人横に座って接客をします。
お客様とのトークに集中できるよう、灰皿やグラス洗いなどの細かい仕事はお店のボーイが行います。
女性従業員は時間給の他に、指名料といただいたドリンクのバックがお給料に反映します。
また、キャバクラと似たシステムを導入しているのが「ニュークラブ」です。
ニュークラブでは容姿や接客の質がキャバクラよりもワンランク上と言われています。

「ホストクラブ」とは、男性従業員が女性のお客様を相手に接客します。
女性の水商売と比べて基本的な時給は低く設定されていますが、キャバクラと同様にドリンクや指名料といった各種のバックがありますので能力次第では大きく稼ぐことが可能です。
夜ばかりでなく、朝方や昼間から営業をスタートさせているお店も存在します。